MENU

肥前佐嘉角屋 肥前佐嘉角屋肥前佐嘉 角屋のご紹介

創業者(角 正輝)が製造者へ伝えたこと

先祖より受け継いだ志、人生最後のレシピ、そして製造方法を引き継いで欲しい

『味噌・醤油を作っているのは微生物である!目に見えない無言の生き物と向き合うこと姿が大事!』

大学を出て事業を支えるために田舎に戻った。
そして、研究室で学んだことを家業に生かすべく現場に入り製品づくりに励んだ。
しかし、父と同じ味を出すことができなかった。
そのとき父から言われた。「しばらく室(むろ)に居ろ。そして、味噌と寝食を共にしろ。」と。

味噌や醤油をつくっているのは微生物、いわゆる目に見えない・会話もしない生き物である。
微生物は生き物である以上、天候・気温・湿度・気圧によって機嫌がいい環境もあれば悪くなる環境もある。
台風の時などもそばにいてあげなくてはいけない。
そして、機嫌を調整するのも技術者の役割なのである。

『味噌・醤油を作っているのは微生物である!目に見えない無言の生き物と向き合うこと姿が大事!』

『技術者/研究者として、“学ぶこと”を怠ってはいけない!』

ある日、妻の料理方法が変わったことに気が付いた。
それは、調味料(砂糖・塩・酢・味噌・醤油・味醂・料理酒など)を
自分で調合すればできる料理であるにも関わらず、
別の食品を食べるために存在する加工調味料をつかっていたからだ。
「これをつかうと料理が簡単で味も安定するじゃない」というのが妻の答えだった。
実は妻の姉や友人などが同じことをやっていたのだ。

新商品を検討すべく市場を調査し、その商品を既に開発している研究者に出会った。
そして、その研究者からのほんの少しのヒントをたよりに新商品を開発することができた。

“お客様の声に耳を傾けること”、“研究者や技術者に会いに行く勇気と努力”、
“少しのヒントで開発する開発力”など、すべては、『学ぶこと』である。

そうやってだし醤油が生まれた。 *現在のだし醤油とは異なります

『技術者/研究者として、“学ぶこと”を怠ってはいけない!』

『技術者がいいと思うものがいいものとは限らない。お客様と真摯に向き合うこと!』

美味しいものを少しでも多くのお客様に届けるのが事業者の務めである。
そのためには伝統を守りつつも技術の発展に伴い原料や製造方法を変えていく勇気と決断が必要になる。

地域によってとれる農作物や魚介類など違うし、料理方法や食文化も違う。
そして、日本料理が進化を遂げたように、時代によっても食べものや食べ方も変わってくる。
流通革命で地域の垣根がなくなってきているのも忘れてはいけない。

技術者がいいと思うものが決していいものとは限らない。
お客様と真摯に向き合う必要がある。

そうやって角屋の米味噌、麦味噌が生まれ、丸大豆醤油が生まれた。

夢ばもて! 夢ばもてば道は開けてくる! 楽しかぞ!

 

肥前佐嘉 角屋の概要

屋号 肥前佐嘉 角屋
代表者 角 まゆみ
事業内容 味噌・醤油の企画および販売
住所 佐賀県武雄市武雄町富岡 11542-5
事業所 佐賀県武雄市武雄町武雄 358
Email info@hizensaga-sumiya.jp
オフィシャルサイト http://hizensaga-sumiya.jp/
オンラインショップ http://shop.hizensaga-sumiya.jp/
レシピ用公式SNS (instagram) https://www.instagram.com/hizensaga_sumiya/
レシピ用公式SNS (facebook) https://www.facebook.com/hizensaga.sumiya
TEL/FAX 03-6379-8052
沿革

創業者 角 正輝
祖先より伝わる志および自らが長年培った技術・ノウハウを北村醤油醸造に伝承。
新たに商品を開発し、その商品を北村醤油醸造に製造委託することで、
味噌・醤油の企画・販売業「まさてる商店」を平成21年12月2日に創業。
平成27年12月2日に創業者の他界。
平成28年1月1日に屋号を肥前佐嘉角屋にかえ、角 まゆみが代表に就任。

創業者

角 正輝(すみ まさてる) 昭和13年9月29日生~平成27年12月2日没
佐賀県杵島郡橘町大字葦原で生まれ育つ。昭和35年広島大学発酵工学科卒業
同年角味噌醤油株式会社入社、昭和60年社長就任、平成15年会長就任後、平成21年に退職
平成21年にまさてる商店を創業
平成16年佐賀県醤油協業組合理事長に就任、平成23年退任